プロフィール

改田 和弘(かいでん かずひろ)/無所属 28歳

生年月日:1993年11月23日
趣味:チェロ演奏、剣道(2段)、野球観戦、地図を眺めること、鉄道(車両よりも線路が好き)、戦国・三国志マニア
座右の銘:為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり
《所属》
東京若手議員の会 副代表
子どもの事故予防地方議員連盟 事務局会計担当

25歳で政治活動を開始
都大附の閉校記念式典で演説(高校時代)
北大オーケストラ初の学生指揮者も務める(大学時代)
選挙カーは使いません
25歳の議員は区政史上最年少
若い世代の声を政治に届けるために活動中
無所属3人会派「新風めぐろ」の幹事長を務めています
議場コンサートのリハーサル役を務めました
青木区長へコロナ禍の予算要望
previous arrowprevious arrow
next arrownext arrow
 
Shadow
1993年 11月23日生まれ 3人きょうだいの長男(下に妹と弟)
2000年 目黒区立原町小学校 入学
・5 年生のとき、ジョン・F・ケネディ元アメリカ大統領の伝記を読んで感動。政治家という仕事にあこがれを抱いたきっかけでした。
2006年 都立桜修館中等教育学校(旧・都立大学附属高校)入学
・目黒区八雲に新設された同校に1期生として入学。
自治会長(生徒会長)を務め、桜修館の学校説明会や、都立大学附属高校の閉校記念式典で演説しました。
・剣道部に所属(二段)。
・学校隣の八雲中央図書館で歴史小説(司馬遼太郎、宮城谷昌光など)を読み漁る日々。古代中国の為政者の、“命を顧みずに国を守る姿”に、「政治家はかくあるべし」と深く感銘を受けました。
2012年 北海道大学 法学部 入学
・「少年よ、大志を抱け」の教えを胸に、法律と政治を学びました
・大学オーケストラでは小学5年生から続けているチェロを演奏し、卒業前の最後の演奏会では、楽団初の学生指揮者を務めたりもしました(好きな作曲家はグスタフ・マーラー)。
2016年 まちづくりコンサルティング会社 就職
・アンケート調査や住民座談会などを通して、市町村の計画策定に携わりました。(総合計画、地域福祉、介護保険、子育て、障がい者福祉、健康増進、教育など様々な分野を勉強!)
・活気を失いつつある地方の姿に日本の未来を見た気がして、「このまま黙ってはいられない」と強く思うように。
2018年 「自分たちの未来に、無責任でありたくない」、
その思いから意を決して退社し、 政治活動を開始しました。
身内に政治家はおらず、どこの政党の支援も受けない完全無所属での挑戦でしたので、地盤(後援会)・看板(知名度)・かばん(資金)の“3バン”のない徒手空拳の戦いでしたが、
・選挙カーは使わない
・朝にマイクを使っての演説は行わない
など、一貫して“住民目線”での活動を心がけました。
2019年

 

4月21日執行の目黒区議会議員選挙において、2,035票を賜り最年少当選。

51人立候補中17位(定数36人)

1 期目(2019 年~2023 年)

最年少の 20 代議員として、30 年後を見据えた長い目線での改革を訴え続けています。
また、無所属 3 人会派「新風めぐろ」の幹事長(会派の代表)を 3 年間務めています。

 

《所属委員会》

4年間で全委員会を経験

 都市環境委員会

→企画総務委員会(副委員長)

→文教こども委員会

→生活福祉委員会

 

PAGE TOP