プロフィール

改田 和弘(かいでん かずひろ)/無所属 26歳

生年月日:1993年11月23日
趣味:チェロ演奏、剣道(2段)、野球観戦、水泳、地理、歴史、鉄道
座右の銘:為せば成る 為さねば成らぬ 何事も 成らぬは人の 為さぬなりけり

妹と弟との3人きょうだいの長男

中学・高校時代は剣道部に所属

都大附の閉校記念式典で演説

北の大地で法律と政治を学ぶ

北大オーケストラ初の学生指揮者も務める

地元の神輿をわっしょい!

25歳で政治活動を開始

...
1993年 11月23日生まれ(平成5年・妹と弟との3人きょうだいの長男)
2000年 目黒区立原町小学校 入学
・教室にあった『ジョン・F・ケネディ』(アメリカ大統領)の伝記を読み感動。
2006年 都立桜修館中等教育学校(旧・都立大学附属高校)入学
・目黒区八雲に新設された同校に1期生として入学。
自治会長(生徒会長)を務め、桜修館の学校説明会や、都立大学附属高校の閉校記念式典で演説。
・学校の隣にあった八雲中央図書館で歴史小説(司馬遼太郎、宮城谷昌光など)を読み漁る。──古代中国の為政者「政治家とはかくあるべし」と思いを致す。
2012年 北海道大学 法学部 入学
・クラーク博士の「少年よ、大志を抱け」の言葉を胸に、法律と政治を学ぶ
・大学オーケストラでチェロを演奏、楽団初の学生指揮者も務める。
2016年 まちづくりコンサルティング会社 就職
・アンケート調査や住民座談会(ワークショップ)などを通して、行政計画の策定に携わる。
(総合計画、地域福祉、介護保険、子育て、子どもの貧困、障害者福祉、健康増進、食育、教育など) ・地方から日本が活気を失っていく光景を見て、「自分にできることはないのか」と思い悩む。
2018年 「自分たちの未来に、無責任でありたくない」、その思いから意を決して退社。 政治活動を開始。
2019年
4月21日執行の目黒区議会議員選挙において、2,035票を賜り最年少当選。

SNS

PAGE TOP